崇福寺
そうふくじ
[観る,旅の実用情報]
その他博多区

概要

崇福寺
山門

臨済宗大徳寺派で、山号は横岳山。仁治元年(1240)、湛慧が大宰府横岳に創建した。翌年、宋から帰国した聖一国師(円爾弁円)が招かれ、開堂説法を行なった。文永9年(1272)に大応国師(南浦紹明)が入寺し開山。その後多くの高僧を輩出し、慶長5年(1600)、初代福岡藩主・黒田長政により現在地に移転され、黒田家の菩提寺として庇護を受けた。墓所には嶋井宗室などの墓もある。

山門(さんもん)
旧福岡城の表御門を移築したもので、黒田家との関わりの深さがうかがえる山門。切妻造、本瓦葺の二階建てで、左側に潜戸があるため、扉は中央よりやや右側に設けられている。これも福岡城本丸の表門として使用されていた面影だ。県指定文化財の建造物。

唐門(からもん)
旧名島城の遺構であると伝えられる。桃山時代の作柄そのままではなく、江戸時代初期に改築されたものと推定されている。市内に残る最古の唐門で、県指定文化財の建造物。

所在地 福岡市博多区千代4-7-79
アクセス 西鉄バス(1・7・12・13・29・51・52・61番)「千代町」から徒歩5分
MAP CODE 13379267*45

この施設の関連カテゴリ

このスポットはどう感じましたか?

景色がいいところ
のんびりできるところ
にぎやかなところ
自然があるところ
歴史があるところ

口コミ情報

名前
関連観光案内人
関連モデルコース
リンク集